せいかつ と こころのなか
by naco-art
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
プロフィール**リンク
<プロフィール>
おき なこ

東京都出身

絵描き

好きなもの
南・色・絵本・赤ちゃん

好きな人
宮崎駿・長新太・ボナール・久石譲

好きな食べ物
鶏のからあげ

のんびりするのが好きです。

似顔絵描きもしています
『似顔絵の贈り物 ほっぺ』






<リンク>
洋服のブランド立ち上げた!
とし・ゆいちブログ
『ROMANTICLOVE』

以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
お気に入りブログ
wrecking crew
絵本作家の仕事・実情と問題点
Yumudui-nu-du!
イラストレーターいもん
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

続・おっちゃんのスイレン

「折り紙のおっちゃん家って、折り紙だらけなんだぜ」

みっくんがトイレで手を洗っていると、くじら組のお兄ちゃんたちが話しながら入ってきました。
「いすとか布団とかが折り紙なの?」
「そうだよ、たぶんさぁ、でっかい紙で折ってんだ。マサルが言ってたもん!」


みっくんは心のなかで「え!!」と思いました。
いすが折り紙だったら、ぺちゃんこになっちゃうじゃない。
布団が折り紙だったら、カサカサして、寒くて、風邪をひかないかしらん。

みっくんはとてもドキドキしました。



みっくんのお母さんは新聞記者。いろんな所に取材に行って、徹夜で原稿を書く毎日です。
みっくんは夜中にハッと目が覚めても、いつも隣の部屋の電気が付いていて、紙の音やお母さんの独り言にホッとするのでした。


ある朝
保育園に行く準備を終え、靴を履きながらお母さんが言いました。
「みっくん、今日お母さんは遠い所に取材しに行かなきゃいけないんだ。新幹線に乗るんだぞ」
「いいなー!こまち?」
「のぞみ」
「おぉー」
お母さんはにっこりして立ち上がりました。
「保育園のお迎えの時間までに帰ってこれないんだ。だからね、保育園が終わったら、今日だけ吉田さんの家でちょっとだけ待っててほしいの」
吉田さんとは折り紙のおっちゃんのことだ。
「えっ!!」
「大丈夫だよ。なおちゃんもタケ君も、行ったことあるって。すごくやさしい人なのよ」
やさしい人なのはわかる。でもいつもと違ったシチュエーションで会うのは、なんだか緊張してしまうんだ。
みっくんは少しイヤだったけれど、お母さんが仕事を頑張ってるのはよくわかっていたから何も言いませんでした。

「今日はおっちゃんのうちに行く」
一日中みっくんはそのことばかり考えていて大好きなブロックも手に付かず、あっと言う間に夕方になってしまいました。
[PR]
by naco-art | 2009-09-30 00:58 | アート

ろっくん♪1さい

おなかにいるときから ひょうきんで
うまれてからも まいにち にこにこ



ぼくはたのしくって たまらないんだ

うまれたくて しかたなかったんだ



いちねん あっというまだった
かあちゃん、きみには いろいろ たすけられたぞ
ありがとう
あいしてるっ!!
[PR]
by naco-art | 2009-09-27 06:29 | アート

ニジェールってどのくらい遠いのかなぁ

c0032950_1483686.jpg

向日葵みたいな あの子が
アフリカに二年間 行ってしまうんだ


寂しいのと、尊敬と、嬉しいのと。


送別会は楽しかったね
幼なじみが集まった
いっぱいいっぱい笑った
どうか楽しく 時にはつらく、夢をまっとうしてきてね


また笑顔で帰ってきてね
Dear Sachie
[PR]
by naco-art | 2009-09-26 14:08 | アート

一足先にHappy birthday!

今夜は与論島のたっくんの友達がお店に飲みに来てくれた。

みんな良い人、やっぱり与論の人はあたたかい。お酒のペースもやっぱり早い(笑)


そして
一足先に、ろっくんの誕生日祝いもしてくれました!!


ろっくん大はしゃぎ!パチパチして喜んでた。
よかったねー
c0032950_2313468.jpg
c0032950_23134632.jpg



ろうそくフーはまだできないから、晴兄ちゃんがしたよ。



みんなありがとう

トートゥガナシ。
[PR]
by naco-art | 2009-09-22 23:13 | アート

シュナの旅

ラジオドラマ
こんなのあったんだ…

時間があったら観てください。
原本はもっと色がきれい

宮崎さんって本当にすごい

この作品は1983年5月に生まれた
そのすぐ後に私が生まれた
宮崎さんの時代を生きれて嬉しい



※再生すると、なぜか他人のコメントが流れるので
すぐに右下のコメントマークをクリックして×にしてください



[PR]
by naco-art | 2009-09-18 23:39

「アキレスと亀」

c0032950_10383886.jpg

北野武。
また泣かせてくれましたね。
やっぱり激しいけど優しくて、楽しかった。


一人一人価値観はバラバラで、有名な名前とか画商がいいって言ったとか、あとあと値打ちがつくとか、絵の価値なんてそんなことで左右されるんだ。
売れる絵がいいわけじゃない。


自分の人生は絵が好きだから、絵しかなくて


だから一人でも心から理解してくれて、何があってもずぅっと側にいてくれる人がいたら、作家の人生ハッピーなんだねっ



じぃん
[PR]
by naco-art | 2009-09-15 03:01

これから注目だ

夜中に仕事しつつテレビをつけたら、新体操(団体)の世界大会がやってた。
今。

!!!わーっ
きれい!!!!

表現によってリボンが水に見えたり、龍に見えたり。

釘付けで寝れそうにないなぁ。


ブルガリア人は足が長くてスラッとしていて、みんなモデルみたい!プライドが高いなぁって感じ。完璧な演技だった。

その後の日本……

すごかった!!!!

感動してホロリと涙が。

みんなも、みてみてね
[PR]
by naco-art | 2009-09-14 02:01

うたうたい

MステにCoccoが出た
案の定さらに痩せてた
髪切ってた
青い衣装と頭の花がきれいだった
ものすごく緊張してたけど、終わった後いい笑顔だった
後半の歌詞がうちなーグチだった
歌声がきれいだった


わたしは少し泣いた


何も背負わずに歌っているだけでいいのになぁ…
エッセイ買おっと。

[PR]
by naco-art | 2009-09-11 23:38

タレント

c0032950_1242520.jpg

のんびりのんびり
公園でカボチャクッキーを食べてる


CM出演させようか。
[PR]
by naco-art | 2009-09-07 12:42

ブログ童話「おっちゃんのスイレン」

「ほい、みっくん。やくそくしてたスイレン」
いつものように保育園の砂場で遊んでいると、みっくんは柵ごしに声をかけられました。
「おりがみのおっちゃん!」
みっくんは砂で汚れた手を急いでズボンで拭き、紫色をしたきれいな折り紙のスイレンを受け取りました。
「わぁーかわいい」
「またなんかあったら言ってな。折ってきてやる」
そう言ってにっこり笑うと‘おりがみのおっちゃん’は行ってしまいました。

「すごいなぁ」
みっくんは手のひらに置いたスイレンをじっと見つめました。
とても細かく、丁ねいに折られていて、花びらがふわりと丸みを帯びています。
こんなきれいな花を作るおっちゃんは、大きな黒ぶちメガネに黄緑色のオシャレな帽子、そしていつも草履を履いています。
おっちゃんといってももうおじいちゃんで、白髪がキラキラ、太陽で光るのでした。

おっちゃんの家は保育園の隣にあります。
いつもふらふら〜と来て、柵ごしに子どもたちとおしゃべりするのがおっちゃんの楽しみです。もちろん、子どもたちもおっちゃんが大好き。

あるとき、みっくんが黄色い折り紙をクシャクシャに丸くして
「コップだよ。あげる!」
と、おっちゃんに差し出しました。
「こりゃゴツゴツコップだな!何が入ってるの」
みっくんはしばらく考えて
「あいすこーひー!!」
「アイスコーヒーか。おっちゃんアイスコーヒーは飲めないのよ。だけど代わりにこいつが飲むって」
そう言っておっちゃんはそのクシャクシャの折り紙を広げると、しゅんしゅんしゅんっと何かを折り始め、あっと言う間にゴツゴツコップはかわいいヒヨコに変身しました。
「ゴク、ゴク、ゴク。はー!うまいっ」
少しシワシワのヒヨコは、おっちゃんの手の中でアイスコーヒーを飲み干し満足した様子でした。
みっくんはポカーンとしていました。
しばらく、ポカーンとしていました。
何が起きたんだろう、と小さな頭で頑張って考えました。
三才のみっくんにとっては、おっちゃんが魔法を使ったとしか思えないほど衝撃的だったのです。
こうして、おっちゃんとみっくんのお話が始まります。
[PR]
by naco-art | 2009-09-04 16:00